消費者金融以外でお金を借りる

明日すぐにお金が必要だけど、できれば消費者金融で借りるのは避けたい。
消費者金融でお金を借りるとメリットも多いですがデメリットも色々ついてきます。
何より消費者金融は怖い、できれば他で借りたいと思っている方は少なくないと思います。
そこで、消費者金融以外で借りることができる方法をいくつかご紹介します。

 

銀行カードローンを利用する

銀行のキャッシングやカードローンでも最近は即日融資に対応しているところも多くあります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンや、新生銀行カードローン レイクは時間外でも消費者金融のような自動契約機がありますので、消費者金融と同じ要領で即日融資の審査を受けてカードを発行してもらうことができます。
にもかかわらず、金利は銀行並みの低金利。
さらに自動契約機は銀行の中に設置されているので人目を気にすることもありません。
住所変更などの通常の銀行の業務もこちらで行っているため、消費者金融のように誰かに気づかれたくないと気を使う必要もありませんので便利です。

 

その他の銀行カードローンは口座を持っていると即日融資に対応してくれる場合もありますが、基本的にはどうしても数日かかってしまいます。
明日お金が必要、という方は自動契約機のある銀行カードローンなら即日融資できる可能性が高いです。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っている方でキャッシング枠の設定があれば、キャッシング枠を利用するのが最も手っ取り早いです。
キャッシング枠は10万円〜20万円程度で契約されていることが多いため、あまり大きな金額をすぐに借りることはできませんが、明日必要な小額のお金であれば消費者金融から借りなくてもなんとかなるかもしれないですね。

 

しかし、キャッシング枠の利用は実は金利は消費者金融と同じくらい高金利。
ショッピングでの金利とキャッシングの金利は別になるので注意が必要です。
消費者金融でお金を借りたくない理由が金利が高いから、利息が高額だから、という理由なのであればキャッシング枠を利用しても同じことです。
特に今まだキャッシング枠が設定されておらず、今から設定しようと思っているのであれば消費者金融の30日間無利息キャンペーンを利用した方が安全です。

 

大切なのはどこで借りるか?ではなくどう利用するか

消費者金融で借りると恐ろしいことになるんじゃないか、というイメージはいまだに定着していてお金を借りるなら消費者金融以外がいいという考えの人はまだまだ多いと思います。
しかし、キャッシングやカードローンについて知っていくことで、消費者金融のイメージ以外の部分のメリットを考えると銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用するよりも使い方次第で最もお得に利用できるということも知っておいてください。

 

また、消費者金融以外なら大丈夫、と思っている方は銀行カードローンでもキャッシング枠でも「お金を借りている」ことに変わりはありません。どこから借りるかも大切ですが、それ以上に使い方が一番重要なのでお金を借りる場合はどのような方法でどうやって借りてどう返済していくか、ということを冷静に考えて決めましょう。