お金を借りたい キャッシングってなに?

まずキャッシングとは一体なんでしょうか?
キャッシングとはクレジットカードやキャッシュカードを利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーからお金を引き出すことができるサービスのことです。
また引き出すことができる金額は上限があり、契約内容によって決められています。
契約には審査があり、審査を通過しないと契約することができません。

 

キャッシングでお金を借りるために審査が必要なのは、消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングとどのキャッシングも同じ。
お金を借りる時は必ず審査が必要です。

 

キャッシングの審査は、個人情報を元に信用機関に対して調査を行うことです。
審査を行う上で見られるのは、大きくわけて3つ。

 

申込者の属性、総量規則に沿った借り入れかどうか、他社からの借り入れ状況や過去の取引について。

 

申込者の属性についてはその人がきちんと返済できるかどうか判断するために勤務先や年収、家族状況、住まいなどが調べられます。
勤続先や年収がしっかりしていればそれだけ借りやすくなるのは当然なのですが、アルバイトやパートでも問題ありません。

 

次に総量規則に沿った借り入れとは借り入れの総額は、その人の年収の1/3までと法律で決められています。
つまり収入の多い少ないよりも、収入と借金額の割合が審査にとって重要になってきます。

 

そして最後に他社からの借り入れ状況や過去の取引についてですが、信用情報機関に消費者金融や銀行からの借入に関する情報やクレジットカードの利用履歴が一括で登録されています。
ここで個人の信用情報が調べられるため過去に滞納があったり、現在滞っている返済があると審査に大きく影響するのです。

 

これらは全て、身分証明書のみで審査が可能なので、契約の際に提出する書類は免許証または保険証などの身分証明書のみ
簡単でスピーディなのがキャッシングの特長ですが、銀行やクレジットカードのキャッシングの場合は1週間程度かかることもあります。

 

キャッシングの総量規制ってなに?

消費者金融においてキャッシングをしたいと思った際には、まず審査に通過することが必要不可欠です。
今現在、インターネットで審査の申し込みを手軽に行うことができるようになりましたが、誰でもキャッシングができるというわけではなく、審査基準の中には総量規制という規則があります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を借りることはできないという決まりです。
この規則があるために、収入がない人は、消費者金融でお金を借りることはできません。

 

この年収の3分の1という縛りは、複数の消費者金融からお金を借りていた場合、その合計金額ということになります。
1社で総量規制の範囲ぎりぎりの金額までお金を借りていた場合には、他社で審査の申し込みをしたとしても、お金を借りることができない場合もあります。

 

また、キャッシングの際には信用調査というものがあり、他社からお金を借りていないかどうかや今までの返済記録なども調べられます。
過去に返済の滞納などがあれば、お金を借りることができる可能性も低くなってきます。
総量規制の対象外となるのは、銀行でお金を借りる場合です

 

キャッシングでお金を借りる時は返済を考えよう

今現在、キャッシングは大きく分けて銀行などが貸し出すもの消費者金融が貸し出しをするものの2つに分かれています。
双方とも貸し付けをして金利をもらい、利益を得るような仕組みとなっています。

 

申し込みをしてどちらも審査を受けるのですが、銀行系の方が審査が厳しく実体験からそのように感じます。
ただし、審査が厳しい分銀行の方が利息が比較的低く、10%から15%のところが多いですね。
一方で消費者金融のカードキャッシングは18%が主流となっています。
スピード重視でお金を借りるか、金利重視でお金を借りるかでどちらが自分にとってメリットが大きいかを考えて契約する人が多いです。

 

普段生活をしていて、貯蓄などがない時に大きな出費があると、キャッシング機能がついたカードローンを所持していると非常に助かります。
その一方で、借り過ぎてしまうと返済の際に利息が大きくなり全額完済するまでに数カ月から数年かかることもあり、上手に計画して利用することが一番大切です。

 

私自身も過去に数社利用していましたが、借りるお金が自分の貯金のように錯覚を起こしてしまい、貯金のように感じどんどん借り入れしてしまい、数百万円まで借入したことがあります。
そのような事態になると取り返しがつかないようになる事を身をもって体験しました。
今は上手にしっかりと返済できる額を借り入れするようにしています。
キャッシングは、上手に使えば非常にメリットが大きいもの。
キャッシングに振り回されるのではなく、うまく利用することを常に考えていればおのずと借金が増えていくことはないように感じます。

初めてのキャッシング・カードローン記事一覧

お金を借りるための条件は?お金を借りたことがない人が始めてキャッシングをしようと思った時に、一番不安なのは「自分でも借りられるのかどうか」ということですよね。そこで、キャッシングでお金を借りるための条件を一覧にしました。当サイトで紹介する条件を満たしていれば、仮審査は通過できると思います。ただし、本審査は各キャッシングによって基準が違い、またあきらかにされているわけではないので参考にしていただけれ...

お金を借りたい キャッシングは怖い?キャッシングとは、クレジットカードやキャッシュカードを利用して、消費者金融やATM、キャッシュディスペンサーなどからお金を引き出すことの出来るサービスのことです。引き出せる金額の上限は、契約内容によって決められています。キャッシングのメリットは、お金が急に必要になったときにすぐに用意できるというところです。急な結婚式でご祝儀が必要になって手元にお金が無いときや、...

お金を借りたい!キャッシングのメリットとデメリット皆さんはキャッシングをした経験はありますか?キャッシングと聞くと、どうもお金を借りることに抵抗を感じてしまい、悪いことをしているような気持ちになる方も多いと思います。特に初めてお金を借りる人は、キャッシングで借りるくらいなら親か友達に頼もうか・・・と思う人もいるかもしれませんね。しかし、友達や親に借りるのは1回2回であればなんとかなりますが、それ以...

お金借りるなら?口コミ・体験談を参考に初めてお金を借りる人は、お金を借りるといってもどこから借りていいかわからないもの。また、消費者金融や銀行カードローンのCMなどは目にするけど実際お金を借りるってどんなものなのか分からない。初めてお金を借りる人、今まで消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンを利用したことのない人が、借りる前に少しでも参考になるような口コミと体験談をご紹介します。実際にお金を...

お金を借りる どこから借りる?キャッシングでお金を借りる方法はいくつかありますよね。どこから借りるのがいいのか迷っている方は、今の自分の状況と照らし合わせて比較するのが最も賢い借り方だと思います。お金借りる おすすめランキングは→コチラ比較するといってもどこを比較していいのか分からない、という方のために、いくつか特長をご紹介しますので参考にしてくださいね。お金を借りるためのキャッシングは3種類大き...

信販系・消費者金融系・銀行系の違いってなに?急にお金が必要になった時に、お金を借りる先にはいくつかあります。信販系(クレジットカード)消費者金融系銀行系国などからお金を借りる以外の方法で、手軽に借りることができるのが上記の3つですね。これらの大まかな違いを知らずにお金を借りると、後々後悔することにもなりかねません。お金を借りるときは、まずは自分の状況を冷静に判断したうえで、比較する必要があります。...