信販系・消費者金融系・銀行系の違いってなに?

急にお金が必要になった時に、お金を借りる先にはいくつかあります。

  • 信販系(クレジットカード)
  • 消費者金融系
  • 銀行系

国などからお金を借りる以外の方法で、手軽に借りることができるのが上記の3つですね。
これらの大まかな違いを知らずにお金を借りると、後々後悔することにもなりかねません。
お金を借りるときは、まずは自分の状況を冷静に判断したうえで、比較する必要があります。

  • いくら借りたいか
  • いつ返済するのか
  • 急ぎなのか

最低でもこの3つについてあなたの状況を判断し、比較してみてください。
当サイトでは、それぞれの特徴とどのような人向けなのかどうかご紹介します。

 

信販系(クレジットカード)

ショッピングで最もお世話になっているのが信販系です。
大手でいうと、ジャックスやオリコ、アプラスファイナンシャルなどですね。
信販系はクレジットカードや店舗のローン共に、現金を引き出す形での利用はあまり知らない方が多いと思いますが、クレジットカードに付属しているキャッシング枠という部分が現金を借りる時に利用するところです。

向いている人

・クレジットカードを持っている人
・少額を借りたい

 

消費者金融系

アコム、プロミス、アイフルなどCMで頻繁に見かけるのが消費者金融。
どうしてもお金が足りなかったら消費者金融で借りることになってしまう、なんてイメージもあると思います。消費者金融は金利は高いですが、最もスピーディで即日融資に特化しており、土日祝夜間でも申し込みが可能なのが特徴です。

向いている人

・明日借りたい人
・少額を借りたい

 

銀行系

銀行系には、2種類あります。
@銀行そのものが業務を行っている場合
A銀行が出資をしている場合

 

@は銀行カードローン、銀行キャッシングのこと
Aは消費者金融のこと

 

消費者金融はアイフルのように貸金業として行っているところと、銀行が出資して貸金業を行っているところと二種類あります。アコム・プロミスなどがそれに当たります。◯◯銀行系カードローン、などと言われているのが、この銀行系にあたります。

 

ここでいう銀行系は、@の純粋に銀行が業務を行っている場合のこと。
銀行カードローン・銀行キャッシングと言われるもので、最大の特徴は金利が低いこと。
信販系・消費者金融とくらべてダントツに銀行キャッシングは金利が低いのが特徴です。
その代わり、口座が必要だったり手続きが必要だったりするため、即日融資には向いていません。
また銀行は総量規制対象外のため、年収の3分の1以上借りたい方向けです。

向いている人

・まとまった大きな金額を借りたい人
・とにかく低金利で借りたい人
・自身に収入がない方

 

まとめ

このように、銀行・信販系・消費者金融系にはそれぞれ大きな特徴があります。
いくら借りたいか、いつまでに返済できるか、利用用途など、今必要なお金についてしっかりと見つめなおし、返済計画をしっかり立てるとどこで借りるのが今のあなたにとって便利でお得かわかると思います。
それぞれのポイントを抑えて自分なりに比較してみましょう。