カードローンの返済方式について

返済方式と返済方法を一緒にしていませんか?
返済方法というのは銀行から引き落とし、ATMから返済可能などの方法のこと。
返済方式とは、お金を借りた際に払う利息の計算方式で、元金均等返済方式リボルビング方式などと呼ばれるものです。
あまり注意して見る人は少ないかもしれませんが、消費者金融が銀行カードローンの契約の際、返済方式は必ず記載されています。

 

返済方式によって、金利のかかり方が違うのでこれを機会に少し知っておくのもいいと思います。
当サカードローンの返済方式についてイトではわかりやすく簡単にそれぞれの返済方式について説明いたします。

 

返済方式には大きくわけて3種類ある

元金均等返済方式

金利の変動により毎月の返済額が異なる

元利均等返済方式

金利の変動により元金と金利への充当割合が異なる

リボルビング方式

契約者が定めた一定の返済額または一定の割合の金額を毎月返済する

 

多くの消費者金融では、「リボルビング方式」を採用しています。

 

リボルビング方式は、さらに3つにわかれます。

定額方式

元金もしくは元金と金利の合計額の一定額を毎月返済する

定率方式

元金もしくは元金と金利の合計額の一定割合を毎月返済する

残高スライド方式

毎月の借入残高に応じて返済定額もしくは返済割合を変更していく

 

この3種類のうち、最も返済期間が長くなるのが残高スライド方式で、さらに金利の負担もそれによって増加することになります。
しかし、毎月の返済額が最も少なく抑えられるというメリットもあります。
最近のカードローンのほとんどが採用しているのは「残高スライド元利定額リボルビング方式」。
この返済方式について、楽天銀行スーパーローンを例としてご説明いたします。

 

楽天銀行スーパーローンは、毎月の返済額が以下のように決まっています。

 

・10万円以内・・・3000円
・10万円超?30万円以内・・・5000円
・30万円超?50万円以内・・・10000円
・50万円超?100万円以内・・・15000円

 

まず、50万円借りた場合、毎月の返済額は1万円になります。
その後、毎月返済し続けていけば借り入れ残高が減っていきます。
借り入れ額が30万円までに減ると、毎月の返済額が5000円になります。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式は、このように毎月返済していくことで残高が減ると、返済額が減少していき、毎月の返済額が少なくなっていくのが最大のメリットです。

 

ただし、その分完済までに時間がかかるため、利息が膨らんでいくという現実もあります。
毎月の返済額を少なくしてコツコツと返して行きたい人にとっては返済計画が立てやすいですが、利息がかさむのが嫌な人は繰り上げ返済をしてなるべく早く返済したほうが返済総額が少なくてすみますね。