お金を借りる 返済について

お金を借りる方法や、お金を借りる時の注意点などは色々なサイトで調べてしっかり勉強していただいていると思いますが、お金を借りた後の返済について考えていますか?
お金を借りる時は、必ず返済について借りる前に考えておくことが大切です。

 

お金を借りたら、借りた金額に対して利息を追加して返済しなければなりません。
金利や利息についてはお金を借りることを調べるときに色々と知識があると思いますが、今回は忘れがちな返済について注意するポイントをご紹介します。

 

返済が遅れたらどうなるの?

お金を借りる時は必ず返済しよう!と思っていても、長期間借りていれば時には忘れてしまったり、返済するお金が足りない時もあると思います。
もし、返済日に返済しなかったらどうなるのか?
それを想像してみることは、お金を借りる上で非常に大切なことなんです。

 

返済に遅れると、まずは電話がかかってきます。電話に出なければ、書面で返済日が過ぎているという旨が郵送されます。
それでも応じなければ、会社や自宅などに電話がかかってきます。
最終的には、自宅に訪問する、ということになります。

 

あくまでも、これは「応答しない場合」です。
返済をするしないは別として、まずは電話にでれば自宅や会社にいきなり電話がかかってくることはありません。
返済が遅れてしまう場合、や遅れてしまった場合は必ず「連絡をする」ことが重要です。

 

返済が遅れると事故歴がつきます

事故歴、というのは返済遅を遅延しているということが信用情報に登録されるということです。
お金を借りる時に審査を受けたと思いますが、この審査は信用情報を元に主に事故歴を確認しています。
つまり、返済に遅れると次にローンやキャッシングなどの契約をする時に「遅延した経歴がある」という情報が登録され、審査に通りづらくなります。

 

遅延金が発生します

当然ですが、1日遅れれば利息+遅延金が発生します。
金額はそれぞれ違いますが、契約の際に記載と説明があると思いますので確認しておきましょう。
遅延金は本当にもったいないです。利息だけでなくそれだけ返済元金が減ってしまいますので、気をつけましょう。

 

1日や2日程度の遅延なら大きな騒ぎにはなりません

1日でも遅れないように気をつけることは非常に大切ですが、実際返済日を忘れてしまうということは誰しも起こりうることです。特に消費者金融の場合は請求書が来ないのと、返済方式によっては毎月同じ日に返済日が来るとは限りませんのでうっかり忘れは誰にでもあり得ることです。

 

1日2日程度の遅延であれば、電話がかかってきたときにすぐに支払う旨を伝えて支払えば、特に大きな問題にはなりません。とにかく支払いをする、ということよりも電話に出る連絡をする、ということが事を大きくしないためには非常に重要です。

 

もし、うっかり忘れてしまうことが多ければ、メールなどで返済日を教えてくれるサービスもあります。
また、返済日にどうしても返済できそうもない場合は、前もって連絡をすることで会社や自宅に連絡されることはありません。
慌てずに連絡があったらすぐに理由を説明して返済すれば問題ありませんので、安心してください。