クレジットカードでお金を借りる

キャッシングやカードローンというと、消費者金融や銀行のイメージが強いと思いますが、クレジットカードでもキャッシングを利用することができます。
クレジットカードを既に持っている人であれば、一番手軽にキャッシングを利用することができると思います。
当サイトでは、クレジットカードのキャッシングでお金を借りるメリットとデメリットについてご説明します。

 

クレジットカードでキャッシングをするメリットとデメリット

クレジットカードのキャッシングの長所は大きく3つあります。

メリット

・イメージがいい
・限度額が低い
・ショッピングと同じ感覚で利用できる

デメリット

・利息は消費者金融並み
・基本的に月払い

 

最も人気なのは手軽さとイメージ

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるとなると、「借金をしている」というイメージが大きく膨れ上がります。
しかし、クレジットカードのキャッシング機能であれば、クレジットカードでショッピングをしているのと同じ感覚で利用できますし、なによりクレジットカードを持っている人と消費者金融のカードローンを持っている人ではクレジットカードを持っている人のほうが断然多いですよね。
最も大きいのは、やはりそのイメージ。クレジットカードのキャッシング機能であれば、人にカードを見られてもクレジットカードを持っていることに違和感を覚える人はいないと思います。
また、限度額も低いため使いすぎないというメリットもあります。
ショッピングで利用できる枠に比べ、キャッシングで利用できるのは多くても20万円程度だと思います。
少ない金額借りられるのも人気の理由のひとつですね。

 

キャッシングとショッピングは金利が違うことが多い

手軽に利用できるクレジットカードのキャッシングですが、実は金利は消費者金融並みに高いです。
特に気をつけてもらいたいのは、ショッピングで利用するのとキャッシングを利用するのとでは利息が違うこと。
さらには、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの場合はいつでも返済可能ですが、クレジットカードのキャッシングはショッピングと一緒に請求が来ますので、1ヶ月単位で返済していくのがメイン。
キャッシングのみいつでも返済できる場合もありますが、ほとんどの方が恐らくショッピングの請求書が来たときに一緒に返済していると思います。
利息の面でいうと、あまりメリットがないのがクレジットカードのキャッシングのデメリットです。

 

クレジットカードを持っていてもすぐには契約できない

クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードとは別に申し込みをする必要があります。
最初にクレジットカードを作るときに、キャッシング機能をつけるかどうか選択できると思うのですが、現在利用していない場合は改めて申し込みをする必要があります。
既にクレジットカードを利用しているのだからすぐにキャッシング枠を利用できそうなものですが、実際は1週間以上かかってしまったり、来月の利用から、などの制限がつくので利用できるまでに非常に時間がかかります。

 

キャッシング枠があるのは便利ですが、今から利用しようと思っている方は、銀行カードローンを利用した方が金利も低いのでいいと思います。