銀行でお金を借りる

銀行のキャッシングやカードローンのメリットは、低金利でお金を借りることができること。
では実際に低金利とはどのくらいの金利のことなのか?
そして銀行でお金を借りるメリットとデメリットについてご説明いたします。

 

銀行カードローンの金利ってどれくらい?

実際の銀行カードローンやキャッシングで即日融資を行っているところの金利を比較してみました。

 

金利

最高限度額

 

4.0%〜14.5%

500万円

静岡銀行カードローン「セレカ」

4.6%〜14.6%

500万円

三菱東京UFJ銀行カードローン

3.0%〜7.0%

1.000万円

みずほ銀行カードローン

3.0%〜17.8%

800万円

オリックス銀行カードローン

4.0%〜14.5%

800万円

三井住友銀行カードローン

1.9%〜14.6%

1000万円

横浜銀行カードローン

 

概ね一番高い金利(上限金利)はどこも15%以下です。
消費者金融の場合は18%がほとんどですので、少ないお金を借りるのであれば銀行で借りる方が低金利で利息が安く借りることができます。

 

銀行カードローンは金利を金額別に表記している

銀行のカードローンやキャッシングは、細かい借入れ金額によって金利がきちんと表記されています。
自分が借りたいと思う金額の金利を、それぞれの銀行カードローンの金利と比較することができるのでより明確に返済計画が立てやすく、比較もしやすいです。
消費者金融の多くはサイト上では上限金利で借りた場合の利息しか表記されていないのに比べると、わかりやすく安心感があります。

 

銀行でお金を借りるメリットとデメリット

銀行でお金を借りることができるキャッシングやカードローンの特徴について説明します。
お金を借りる時に大切なのは返済について考えること。
あなたが借りたい金額と返済計画が銀行の特徴にあっているかどうか検討した上で契約することが大切です。

 

銀行でお金を借りるメリット

  • 消費者金融に比べて金利が低い
  • 限度額が高い
  • 金額による細かい金利が明確に表記されている

 

金利が低いのが大きな特徴ですが、銀行のもうひとつの大きな特徴は「総量規制対象外」であるということです。
総量規制は、年収の3分の1以上の借入れができないという法律で、消費者金融の場合はこの法律の下にお金を貸すことが定められています。
そのため、既に年収の3分の1以上の借入れがある場合はお金を借りることができません。
しかし、銀行は総量規制の対象外になるので、既に他社で借入れがある場合でも条件次第ではお金を借りることが可能です。
まとまったお金を借りたい時は、銀行カードローンがオススメです。

 

銀行カードローンのデメリット

  • 無利息キャンペーンがない
  • 返済方法などの選択肢が少ない
  • 口座がないと審査に時間がかかる場合がある

 

銀行の最大のデメリットは、お金を借りたい銀行の口座を持っていないと即日融資が極めて難しいということ。
即日融資が可能なところももちろんありますが、銀行口座を持っていない場合は口座を作るところからはじめなければならない場合が非常に多いため、なかなか即日融資が実現しないのが現状です。
また、返済についても基本となるのはそのキャッシングの銀行となりますので、引き落としなども口座がないとできなかったり、振込手数料がかかってしまったりするのが難点です。

 

銀行のカードローンは低金利で非常にお得にお金を借りることができますが、今日、明日にお金を借りたいという方には向いていません。
時間に余裕があり、持っている銀行口座がカードローンやキャッシングを行っていれば、銀行で借りるのがいいですね。