ネットでお金を借りる

消費者金融のキャッシングやカードローンは、インターネットで手元にお金を借りるところまで全て完結させることが可能です。
「WEB完結」「インターネット完結」などといわれ、誰にも会うことなくお金を借りることができるので、急いでいる方や、人に気づかれずに借りたい人に非常に人気があります。

 

ではインターネットでお金を借りるというのはどのような流れになるのか簡単にご説明いたします。

 

PC・スマホどちらもでお金を借りることができる

インターネットというとパソコンだけのように思う方が多いかと思いますが、もちろんスマホでもお金を借りることができます。
自宅で、職場で、外出先で、どこからでもネットを使って借りたいキャッシングの公式ホームページを閲覧できればそこから申し込みをすることが可能です。
また、審査の回答などもメールで送られてくるところが多いので、人に気づかれずに契約できるもの便利ですね。

 

ネットでお金を借りるメリット

  • 店舗で人に会わなくて済む
  • 書類の送付が簡単
  • スピーディに契約が可能

電話だけでなくメールで回答をもらうこともできるので、忙しいときでも申し込みをしておいて仕事が終わってから契約することも可能。
じっとその場で返答を待つ必要がないのも便利ですよね。
また、書類の送付が簡単なのは、スマホやPCの場合は免許証をカメラで撮影してデータで送るだけ。
FAXをしたりする必要がないのでとっても簡単なんです。
そして、店舗の無人契約機などに向かうときに人と会うリスクもなく、誰にも気づかれずに契約ができるのもいいですね。

 

ネットでお金を借りるデメリット

  • 振込キャッシングのみ
  • 土日祝や夜間は振込ができない
  • 書類送付の際にバレる危険がある

ネットで契約を完了した場合、当然手元にはカードはありません。
そのため、ネットで全て完結する場合は自分の口座にお金を振り込む形で借りる「振込キャッシング」のみになります。
後日カードと契約書は郵送で送られてきますので、その時に誰かに気づかれてしまう危険性もありますので注意が必要です。
また、振込キャッシングの場合、自分の口座に振り込んでもらうため、夜間や土日祝のように銀行業務が停止しているときはキャッシングをすることができません。
土日祝日や夜間に契約をする方で当日中にお金を借りたい人は、インターネットで申し込んだ後にカード受け取りのみ店舗に向かえばその日のうちにお金を借りることができます。

 

ネットでお金を借りることができるのは消費者金融のみ?

インターネットから申し込みをしたり契約をしたりすることができるのは、銀行キャッシングでも可能なところもありますが、基本的にその銀行のネットバンクを持っていることが最低条件。そのため、口座はあるけどネットバンクの手続きをしていないとなると、利用できるようになりまでに時間がかかってしまいます。
また、その銀行のネットバンクの場合、振込や引き落とし、振込キャッシングや返済などの手続きもある程度の制限がついてしまうことが多いです。
消費者金融の場合は、ネットバンクがなくてもインターネットから振込キャッシングが可能。
また、取引履歴や返済日などの細かい情報もサイトから確認することができます。

 

銀行の場合、どうしてもその銀行のネットバンクの利用可能な取引の範囲内での取引になってしまうため、意外と不便なことも多いです。
ネットでお金を借りることをメインにしたい方は、銀行よりも消費者金融の方ができることが多いかもしれないですね。