おまとめローンでお金を借りる

おまとめローンというのは、複数社から借りている借金を1つの会社にまとめることで、ローンの1本化ともいいます。
おまとめローンは色々な消費者金融や銀行などで「おまとめローン」「ローンの一本化」などの名称で商品化されていますが、複数社のローンを一本化することのメリットとはどのようなところなのでしょうか?

 

おまとめローンの長所

  • 返済が1社だけになる
  • 金利が安い
  • 毎月の返済額が軽減される

おまとめローンのいちばんいいところは、返済が1社のみですむというところ。
例えば3社と契約している場合、毎月3社の返済がばらばらにやってくるわけです。
そうなると、ほぼ1ヶ月の間ずっと返済のことを考えていなければいけないような生活スタイルになってしまいます。
おまとめローンで1社に返済を絞ることができれば、返済計画も立てやすくなりますし気持ちの余裕が出てくると思います。

 

金利が安くて済む

金利は、借りている金額が少ない場合は高くなり、高額になると低くなります。
50万を3社から借りるよりも、150万を1社から借りているほうが金利は安くなります。
おまとめローンのような高額の借入れが可能な場合、消費者金融でも銀行並みの金利でお金を借りることが可能なことが多いです。
おまとめローンをするときは、今よりも低い金利で契約することが大切です。

 

毎月の返済額が軽減される

おまとめローンをすることで、1社の返済のみに絞られるため毎月の返済額が低くなります。
特におまとめローンの場合は、毎月の3社の返済金額よりも月々の支払いが低くなるようにきちんと設定されていますので、余裕ができ返済計画が立てやすくなるのが大きなメリットです。

 

おまとめローンの短所

このように、おまとめローンは返済をする上で非常に助かることは分かっていただけたと思いますが、逆にデメリットとなることもあります。

おまとめローンの短所

  • 返済総額が増えてしまう場合もある
  • 完済期間が長くなる
  • さらに借金が増えてしまう危険性がある

おまとめローンは、毎月の返済額を軽減することができるのですが、となると完済までの期間が長くなるのは当然ですね。
返済期間が長くなると、利息の総額は当然増えてしまいます。
そのため、最終的に完済したときの金額が一本化する前より多くなってしまうこともあります。

 

また、おまとめローンは返済目的のみのところが多いので、追加で借入れすることはできないことが多いです。
逆に1本化したときに今まで駆りていたところのカードが残っていた場合、新たに借りることもできてしまうので気持ちをしっかりともって「確実に返済する」という強い気持ちで挑まないと、さらに借金を増やすことにもなりかねません。

 

おまとめローンをするときは、必ず完済する、という強い意思を持って行うようにしましょう。