お金借りるなら?口コミ・体験談を参考に

初めてお金を借りる人は、お金を借りるといってもどこから借りていいかわからないものですよね。

また、消費者金融や銀行カードローンのCMなどは目にするけど、実際お金を借りるってどんなものなのかもじつはよくわかない、なんてこともあるはずです。

 

実際にお金を借りるならどこで借りたいいのか?
借りた後はどのように返済するのか?
ちゃんと返済できるのか?

 

そんなとき、やはり一番役に立つのが、実際にお金を借りる・借りた人の口コミ!
広告で見るとどこもよく見えてどこを選べばいいのかわからなくなりますが、やはり口コミには、本当のところが現れます。

 

そこで、初めてお金を借りる人、今まで消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンを利用したことのない人向け!
借りる前に少しでも参考になるような口コミと体験談をご紹介します。
さらに、キャッシングやカードローンといったいわゆる借金のほかに利用できるサービスも提案。
お金を借りるのが初めてなひとはぜひご覧くださいね♪

 

そもそも、お金を借りる口コミって何を参考にすべきなの?

口コミには、大きく分けて、「良い口コミ(高評価)」「悪い口コミ(低評価)」の口コミがありますよね。

つい、目に付くのはやはり高評価の口コミでしょう。
数件だけ良い評価を読んだら、もう十分に感じてしまいます。
しかし、じつはより参考にしたいのは、「悪い評価(低評価)」のほう。

 

  • 困ったときに対応してくれなかった・遅かった
  • すぐ借りられると聞いていたのに借りられなかった
  • コールセンターの感じが悪い
  • 会員サービスが充実していない

 

こういったトラブルやマイナスの意見にしっかり目を通しておくことが、間違ったところから借りないうえでとっても大切なんです。
なぜなら、条件が他と比べて圧倒的に良いという借入先は基本的には存在しないと言ってもいいから。
もしそんなところがあったら、みんなそこで借りますよね?
だからこそ、口コミは悪い部分もきちんと確認して比較しましょう!

 

口コミだけじゃなく、お金を借りるということの基本を知ることも大切!

しかし、口コミだけで借入先を選んでしまうというのも考えもの。
なぜなら、口コミをした人の希望条件や審査の内容はそれぞれちがうからです。

 

たとえば、「アルバイトでもOKとあったのに貸してくれなかった」という口コミがあったとしましょう。
でも、その人がアルバイトはアルバイトでも、何年勤続年数があったのか、年収はどのくらいあるのかは判断できません。
その人が、アルバイトで勤続年数半年、年収が100万円以下、というような状況だったかもしれませんよね。
おなじアルバイトでも、勤続年数1年以上あれば、結果は違ってくるのではないでしょうか?

 

口コミは最も参考になる情報に違いありません。
でも、こういったキャッシングやカードローンの基本的な利用方法や特徴を知っておくことは、もっと大切なこと。

 

  • 利息はどのくらい支払えばいいの?どうやって計算するの?
  • 主婦でも申し込めるの?
  • 即日融資を希望する人が申し込むべきところは?
  • 低金利で借りられるところは?
  • 無利息期間があるところは?
  • 家族や会社にバレないところは?

 

これはあくまで一例です。
各人の生活状況、就業形態などにより、申し込める会社も、希望できる融資額も異なります。

 

そこで、それぞれの条件や希望ごとにわかりやすく借入先のオススメや口コミ・体験談をまとめました。

 

あなたが借りるべき借入先はココ!条件と口コミ・体験談で選ぶ

 

  • お金が必要な日まで1週間程度猶予がある人
  • 勤続年数が2年以上の安定した仕事に就いている人
  • 金利は少しでも低いほうがいい(利息の安さにこだわる)人
  • 利用したい銀行カードローンの口座をすでに持っている人
  • 高額融資を検討している人
  • 専業主婦・もしくは収入の安定しない兼業主婦人

銀行系カードローンの基本・口コミ・体験談へ

 

  • 即日融資、当日中、明日・明後日までに、3日以内に借りたいお急ぎの人
  • フリーター・派遣社員・契約社員・学生・勤続年数が短い人
  • あまり大きな金額は借りないつもりの人
  • スマホやパソコンを使い、WEB(インターネット)だけで手続きしたい人
  • 銀行の窓口で手続きしたり、書類のやり取りはめんどうだと感じる人
  • 家族(夫・妻)、親族や同僚には絶対にバレたくない人

消費者金融キャッシングの基本・口コミ・体験談へ

 

銀行カードローンで借りたい人のための基本情報・口コミ・体験談

銀行系カードローンとは、その名のとおり、銀行が行っている融資のひとつです。

銀行と言えば、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別のローン(借金)・融資のイメージが強いかもしれません。
カードローンは使い道が自由で、様々な目的や用途で使用することができます。

 

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンの最大のメリットはなんといっても金利が低いこと。
つまり、毎月元金にプラスして返済してなくてはならない利息が安いということです。

 

銀行系カードローンの金利は各社で大きく異なりますが、おおむね最低金利3.0%〜最高金利14.5%前後の金利を設定している銀行が多いようです。
(金利で他社との差を打ち出している銀行があり、金利は金融機関ごとで異なります)。

 

銀行ごとの詳しい金利が知りたい方・比較したい方は→→コチラ←←

 

また、自身に収入がない専業主婦(専業主夫)の人が申し込めるのも、銀行系カードローンの特徴です。
消費者金融では、借入を行う本人に収入があることが必須の条件のため、専業主婦は申し込みができません。
専業主婦の人、自分で申し込めるだけの安定した収入がない、という人は銀行系カードローンを検討してみてください。
銀行によっては、専業主婦の人のための特別コースや専用プランが設けられている金融機関もあります。

 

銀行系カードローンのデメリット

銀行系カードローンには、消費者金融でよくある無利息期間がないことがほとんど。
また、手続きできる時間帯が銀行が開いている15:00(午後3時)までに限られる、審査に時間がかかる、窓口で待たされるなど、即日融資に対応できないことが多いのもデメリットのひとつでしょう。
消費者金融では対応していることが多いWEB完結にも未対応なので、自分の足で手続きに行く必要が出てくることが多いです。

 

また、利用したい銀行系カードローンの利用のためには、銀行口座の開設が必須。
そのため、実際に借り入れができるのは1週間後、ということもザラにあります。

 

さらに、金利が低くオトク感がある反面、消費者金融ではおなじみの無利息期間に対応していないことがほとんどです。
そのため、30日以内で全額もしくはほとんどが返済可能な状況では、いくら金利が低くても、銀行で借りるほうが利息が高くつく逆転現象が起こることも。

 

また、審査基準は明らかにされていませんが、消費者金融より審査が厳しく、どちらかというと借りにくいという口コミも目立ちます。
誰でも申し込めるというより、ある程度社会経験があり、収入も安定している人向けと言えるでしょう。

 

銀行系カードローンで借りた人の口コミ・体験談

良い口コミ・高評価
利息が安いのでとにかく助かる

30代男性・会社員・静岡銀行カードローン”セレカ”


消費者金融でお金を借りていたのですが、金利が高いことに気づいて銀行に切り替えました。
同じ金額でも、利息がこれほど違うものか、と思うほど変わります。
特に、借りている金額が大きい人ほど利息の差は大きいので、50万円を超える金額を借りている人は、銀行カードローンがおすすめです。

 

銀行カードローンは本当に便利です!

40代男性・派遣社員・未記入


私が借りている銀行カードローンは、普通口座の引き落としの残高が足りないときにカードローンの方から自動的に補ってくれるというサービスがついています。今まで色々な日程で銀行にお金を入れていたのが本当に面倒だったのですが、銀行カードローンにしたおかげで返済に遅れることもなく、返済する先もカードローン一箇所ですむようになったので本当に助かっています。
銀行カードローンは契約するまで時間がかかりますが、1枚持っておくと本当に便利です。

 

専業主婦でも借りられる・ポイントが溜まる

40代女性・専業主婦・楽天銀行カードローン


ショッピングで塾代が足りないことに気づいて、手持ちの楽天銀行の口座でキャッシングを申し込みました。
主人の収入で申し込めましたし、同意書なども不要で、最後まで家族にバレずに借りられ感謝しています。
専業主婦の場合、借入限度額は50万円とのことでしたが、不満はありません。それ以上借りたらバレそうですし……。
ただし、かなりドキドキしたのが郵送物がある点です。
日中、自分だけが在宅しているので受け取れるとは思いましたが、夫のいる土日などに届いたらとかなり神経を使いました。

 

とくに良かった点は、キャッシングで利用したらポイントも貯まる点です。
わたしは金利のことはよくわかりませんが、ほかの金利もみても特に高い感じはしないのでいいのではないでしょうか。

 

自営業でも借りられた

50代男性・自営業・未記入


10年程度、高収入を継続して得ているフリーランスです。
銀行系は自営業者は借りにくいとウワサで聞いていましたが、高額融資も自分の場合は借りることができました。
前年度・前々年度の確定申告書の提出や金融事故がなかったからかもしれません。
自分の場合は多少特殊な条件だとは思いますが、審査は3時間ほどかかりましたし、電話で再確認も入りました。
でもまぁ、覚悟の上だったので。使用用途も一応伝えました。(それもよかったのかも?)
消費者金融ならもっと審査も楽だったかもしれませんが、高額融資希望なら論外でしょう。
まとまった金額が借りたい充分な収入があるなら、自営業でも銀行のほうがいいと思います。 

 

悪い口コミ・低評価の体験談
銀行のカードローンの契約は時間がかかった

40代女性・専業主婦・未記入


友人の結婚式のご祝儀代が足りず、3万円借りようと思って最初は消費者金融を探していました。
しかし、金利を計算してみると銀行の方がはるかに安いので、銀行カードローンの契約をすることにしました。
即日融資とあったのですぐに借りられると思ったのですが、銀行口座がなかったため口座を作るところからスタートして、結局お金を借りることができたのは1週間後でした。
すぐに必要な時は、銀行カードローンは契約にすごく時間がかかるのであまりオススメできませんね。

 

無利息期間なしの説明なし、結局損した

30代男性・契約社員・未記入


勝手に思い込んでいた自分が悪いのだが、無利息期間がないとは思わなかった。
以前消費者金融で借りたときは無利息が30日はあったから油断していた。
窓口でも「ウチは金利が安いですよ〜」といいことしか言われなかった。
20万ほど借りたが、ボーナスで一括返済したため、結局金利が低かろうが、利息があるだけ損。
もう少し丁寧に商品の説明をしてほしい。
カードはせっかく審査に通ったし、また借りるときがあったら困るのでキープしているが、これならまた消費者金融で借りたほうがうまみがあるか。

 

銀行は金利が安いんじゃなかったのか?

40代男性・正社員・新生銀行カードローンレイク


銀行は金利が低いという口コミを見て、口座を持っている新生銀行のレイクに契約したが、実質金利は消費者金融とほとんど変わらない高金利で唖然。
無利息サービスはあったが、まとまった金額を借りるわたしにはそもそもあまり意味がない。
銀行なら安い、と考えずに、きちんと金利を比較するべきだった。

 

消費者金融で借りたい人のための基本情報・口コミ・体験談

消費者金融とは、キャッシング(借金)だけを専門で行っている会社=貸金業者です。

そのため、お金を貸すことにかけては特化しており、とにかく「早く・申し込みやすく・借りやすい」のが特徴。
グレーゾーン金利と呼ばれている、違法な金利をとっていたのは昔の話で、今は大手であれば法定金利内が保証されており、怖いことはありません。
バックについているのは大手銀行であるため、実際は銀行とほぼお金を借りる仕組みは同じとなっています。

 

街金と呼ばれる、中小の消費者金融ではいまだ法定金利を超えた違法金利を適用している闇金やソフト闇金が存在しています。
絶対に、CMなどで目にする超大手を利用し、少しでも怪しいと感じたら借りないようにしましょう!

 

消費者金融キャッシングローンのメリット

最近では、多くの消費者金融が即日融資に対応しています。
審査が最短30分、融資までが1時間を切ることも可能になってきました。
土日、祝日祭日、夜間の申込・審査に対応しているため、銀行では間に合わないお急ぎ融資にも対応できるのが何よりの強みと言えそう。

 

また、消費者金融ならではともいえる、無利息サービスも見逃せません。
所定の日数であれば、本来必要な利息分が0円(無料)になるこのサービスを利用すれば、お金を借りても利息を支払わずに済ませることも可能になります。

 

アルバイトやパートでも申し込めることが明記されていることが多く、銀行系カードローンに比べて、圧倒的に審査が通ったという口コミが多いのも特徴です。
過去に銀行系カードローンの審査に落ちてしまった人も、消費者金融に改めてチャレンジしてみることをおススメします!

 

また、自宅への書類送付なし、電話連絡なしなどの、家族バレ、会社バレへのプライバシー配慮もなされていることが多く、内緒で借りたい人にも向いています。

 

消費者金融キャッシンローンのデメリット

消費者金融の唯一といってもいいデメリットは、金利が高いことでしょう。
高額融資を受け、それを長期間返済する、というような借り方はあまりオススメしません。

 

最低返済額(最低限度、毎月返済しなくてはならない金額)で返済していると、利息分ばかり返済していて、元金がなかなか減っていかない、なんてことも。
高額な利息を支払わないためにも、できるだけ繰り上げ返済をしたり、借入が多くなりすぎないよう管理をすることが必要です。

 

消費者金融でお金を借りた口コミ

良い口コミ・高評価

 

5万円消費者金融で借りました

30代女性・兼業主夫・アイフル


生活費などが足りなかったので、給料日までの間だけと思い消費者金融でお金を借りました。
5万円必要だったのですが、契約の際に限度額が20万円までのカードが作られ、20万円までなら自由に使えるということになりました。
その時は5万円のピンチを乗り切ることができてよかったと思いましたが、その後もピンチがある時には利用しています。
また契約する必要がないので1枚持っておくと非常に便利です。

 

消費者金融の自動契約機で契約しました

30代男性・会社員・プロミス


30万円急に必要になったので、土曜日だったのですが消費者金融のキャッシングを申し込むことにしました。
消費者金融の金利は非常に高いというのは口コミなどで知っていたのですが土曜日ですし急ぎだったので思い切って自動契約機に行って契約しました。
自動契約機に入るまでは人目が気になりましたが、入ってしまうと個室になっているので人に会うことはありません。
ただ、自動契約機はかなり狭く圧迫感もあり、暇をつぶすものも持ってなかったので少し辛かった……。

 

契約したらすぐ隣のATMでお金を借りることができたので、本当にスピーディだと思いました。
契約時間は30分程度だったと思います。すぐに借りることができるのか半信半疑でしたが、本当に借りられたので安心できました。
でも、後からネットで契約したら手続きの時間がかなり短くなると聞いてそうすればよかったかな、と思っています。

 

無利息期間内に返済したらめちゃくちゃ得

40代男性・派遣社員・アコム


もうすぐボーナスという時期だったので、あえて銀行ではなく消費者金融で借りた。
無利息期間内にすべて返済してしまったので、利息分は発生しない。
ボーナス前借といった感じ。
ただし、もちろん無利息なのは契約後初回の借入だけなので、悪いかもしれないがわたしは4社のカードを持っている(笑)
今のところ消費者金融には一銭も払っていない!
しかし、消費者金融は、とにかく融資までが早いし、サービスはめちゃくちゃいい。
銀行で落ちても消費者金融なら通ることは多いようだ。(じつは俺も……泣)

 

悪い口コミ・体験談

 

消費者金融の返済は大変

50代女性・会社員・アコム


50万円消費者金融で借りたのですが、返済が本当に大変です。
返済する時は、最低限今月はこの金額を返済する、という金額があるのですが、その金額どおりに返し続けていたらいつ終わるか分かりません。
返済しなければいけない最低額よりも、必ず3000円〜5000円は多めに返済していかないと利息がずっとかかり続けます。
口コミでもよく書いてあったのですが、これほどとは思いませんでした。
消費者金融でお金を借りる場合は、とにかく少しでも多くすぐに返済するのが鉄則です。

 

利息分で精いっぱいです……

20代男性・アルバイト・未記入


本当にヤバいです泣
最初は20万円くらいの限度額だったんですけど、ちゃんと返済してたらすぐ50万円以上借りられるようになってて、借りすぎました。
毎月ちょっとずつ返済すればいいから、調子乗って借りてギャンブルとか車に使ってたらいつのまにか返せないくらいになってて、すごく焦ってます泣
収入が少ないからどうしても利息しか返済できなくて、どうすればいいのか……。
無料相談みたいなところにも行きましたが、金利もふつうだし、ギャンブルやめて働いて返していきましょうと言われました。
わかってはいるんですけど、つらいです。

 

お金を借りるならどこがいい?口コミのまとめ

・銀行が低金利で借りやすい。借りるところも普通の銀行窓口なので借りやすい。
・銀行カードローンは手続きなども銀行窓口の人とのやり取りなので緊張しないですむ。
・消費者金融はスマホやネットから申し込みができるので楽。
・消費者金融は急ぎの時にすぐに借りられるので便利。

口コミをまとめてみると、やはり銀行のキャッシングやカードローンを利用している人が多いようです。
とはいえ、口コミの中でも特に目立ったのが「すぐに借りたい人」にとっては消費者金融がダントツの口コミの多さ。
銀行の場合は少し時間がかかってしまうようです。

 

・消費者金融は無人契約機で契約しているときがすごく緊張する
・消費者金融の店舗に入るのを見られたら困る
・利息が高いので、早く返済しなきゃと焦る
・銀行カードローンはついつい自分の貯金と勘違いして借りすぎてしまうことがある
・消費者金融のカードローンは返済が遅れるとすごい勢いで電話がかかってくる

次に悪いイメージの口コミですが、消費者金融の場合はどうしても人目が気になる人が多く、ネットやスマホで申し込みをしたい人が圧倒的でした。
また、消費者金融の場合、計算してみると分かると思うのですが金利が非常に高いため、すぐに返済しなきゃという気持ちも働くようです。
逆に銀行カードローンは銀行のため気が緩んで借りすぎてしまう傾向にあるようですね。

 

キャッシングやカードローンの口コミに惑わされすぎないことも大切!

このように、口コミを見ていただいて分かると思いますが、お金を借りるということは、
・借りたい金額
・借りている期間
・返済できる日
これらによって、人それぞれ感じ方が全く違うものです。
3万円だけなんだけどすぐに借りたい人にとって、低金利の銀行は悪い評価になりますし、逆に全く急いでいない人にとっては消費者金融の金利は腹立たしいくらい高いでしょう。
また、比較的人気の高い消費者金融でも、やはり初めて契約するときは勇気がいるもの。
銀行に比べると、「お金を借りている」意識が非常に強いのも口コミの特徴です。

 

そういった意味では銀行カードローンよりも消費者金融の方が早く返済することができるのかもしれませんね。

 

口コミを全て信用するのではなく、自分が今最も優先すべきなのは時間なのか、利息なのか。
そのあたりを考慮した上で、自分に合ったところでお金を借りるようにしましょう。

 

銀行や消費者金融以外からお金を借りる方法もあります

ここまで、お金を借りるということを考えたときに、最もイメージしやすい銀行や消費者金融のキャッシングやカードローンについてお話してきました。

しかし、あなたが知らないお金を借りる方法が、じつはこの世の中にはたくさん存在しているんです。
ただし、先述したキャッシングローンなどと比べると、借入規則や、条件、審査、融資までの時間は融通が利きません。
その分、金利はより低く、安心して借りることができる方法もあります。

 

公的機関(国、地方自治体)のサービスを利用する

ハローワークで仕事を探している人に……

求職者支援資金融資制度


母子家庭・父子家庭などの1人親家庭に……

母子父子寡婦福祉資金貸付金


学校の入学金・授業料など、子供にかかる様々な出費に……

教育一般貸付


お金が借りられない年金生活者のための……

年金担保貸付


収入や仕事の面でローンができない低収入家庭に……

生活福祉資金貸付制度

 

これらの公的機関による貸し付けの原則は、国民・市民のための救済措置です。
そのため、銀行や消費者金融の審査に落ちてしまった人のように、収入や仕事がどうしてもお金を借りるために足りない、という場合の人のためにあるものともいえます。

 

もちろん、一概にお金を借りることができるかは審査をしてみないことには判断ができません。
しかし、お金の問題はあきらめてもどうにもならないもの。
こういったサービスは自分から求め手続きしなければ、むこうから手を差し伸べてくれることはありません。
まずは、在住の地方自治体のある市区町村役場に相談してみましょう!

 

他にもあります、身近なところにあるお金を借りる方法

生活を立て直すために必要な資金を貸し出す……

一般社団法人の生活サポート基金


定期預金を担保に入れることで、定期預金を解約せずに貸し付けを受ける……

定期預金担保貸付


勤め先からお給料を前借する形で借りる……

従業員貸付制度


加入している生命保険を解約せずにお金を借りることができる……

契約者貸付制度

 

一般の会社や銀行からお金を借りる方法がローン以外にもあることは意外と知られていません。
生命保険や定期保険、ピンチになると真っ先に解約が頭をよぎるかもしれません。
しかし、お金がないときにこそ、とくに生命保険や各種保険は解約すべきではないですよね。
もしものときの治療費を確保するために、保険や預金は置いておきたいところ。
契約はそのままに、貸付を受ける制度があります。

 

また、自分が勤めている会社から借りることも考えてもいいかもしれません。
言い出しにくい、言いたくない、そんなこともあるかもしれませんが、高い利子を支払ってお金を借りるより、後々返済が楽なことは明確です。
給与天引きであれば、支払いができない、という状況に陥ることも考えにくいでしょう。