家族にバレずにお金を借りる

お金を借りたことが家族にバレる理由のトップ3

利用明細を見られた
カードを見られた
郵送物が届いた

実はお金を借りていることがバレる一番の理由は、利用した明細書をお財布などに入れていたものを見られてしまった、カードを見られてしまったなどのご自身のうっかりミスが多いんです。
特に消費者金融でお金を借りている場合は、消費者金融からの利用明細や請求書は一切届きません。
そのため、次回の返済を忘れてしまいがち。
ついつい、利用した明細をそのままお財布に入れて保管してしまい、その内容を見られてしまうということが多いようですね。
また、カードをお財布に入れておいたり、うっかり机の上におきっぱなしにしたためにカードを見られてお金を借りていることがバレてしまうというケースも多いようです。
意外にも、カード会社からの通知などでバレる可能性は非常に少ないんですね。

 

消費者金融から家族にお金を借りていることがバレない理由

通常クレジットカードを利用すると、今月の利用明細と返済金額、期日などが書かれた明細が毎月郵送されてきます。
しかし、消費者金融の場合はこのような通知が送られてくることは一切ありません。
自身でしっかり管理をしていれば消費者金融からの連絡事項でバレることはないんですね。

 

なぜバレないのかというと、消費者金融は他の銀行カードローンやクレジットカードなどに比べて「バレないように」という部分に非常に力を入れているからなんです。

 

・明細書の郵送はなし
・督促についてもまずは自身の携帯電話に連絡を入れる
・契約書の郵送がないところもある
・契約の際のカードなどの配送は時間や場所を指定できる
・カードに会社名が記載していないところが多い

 

銀行カードローンやクレジットカードでは到底行って貰えないほどの細かい配慮が消費者金融にはあります。
そのため、自身のうっかりミス以外ではほとんどバレることはないと言ってもいいと思います。

 

どういう場合に家族にバレる?

返済が遅れた際に電話に出ない

では、逆にうっかりミス以外でどういった場合に注意が必要でしょうか。
最も重要なのは、返済に遅れないこと、です。
返済に遅れると、まずは自身の携帯に電話がかかってきます。
連絡がつかないと、自宅、会社などあらゆる場所に電話がかかってきて、本人と連絡を取ろうとします。
貸したお金が返済されていないので当然といえば当然ですし、これは銀行カードローンでもクレジットカードでも同じこと。
しかし、消費者金融の場合は銀行やクレジットカードほどは待ってくれません。
1日遅れても、携帯まで電話がかかってきます。

 

さらに、全ての電話を無視し続けると自宅に督促の書類が郵送されてきますし、それも無視すれば自宅まで来ることがあります。
そう考えると怖いな、と思いますがこれは極端な話で、実際は本人と連絡さえつけばここまですることはありません。
とにかく、どのような状況であっても電話があったら折り返し連絡を入れること。
それさえすれば、携帯以外に連絡をしてくることはありませんので安心してください。

 

最初の契約でカード等を郵送にしている場合

もうひとつ注意する必要があるのは、インターネット完結などで店舗に出向かなかった場合、書類とカードは郵送で送られてくることになります。
これは実際は店舗に取りに行くか郵送してもらうか選択することができるので、自宅に送られると困る場合は店舗までカードと契約書を取りに行けば郵送されることはありません。

 

どうしても郵送したいけどバレたくない場合は、郵送時間を指定できるサービスや配送先を自宅以外に指定できるサービスもあります。
これらのサービスを利用すれば、自分の好きな時に好きな場所にカードを取りにいけるので、家族にバレずにカードを受け取ることができますね。

 

家族にバレないためには明細の扱いに気をつける

このように、消費者金融側では様々なサービスを利用して家族にばれないように配慮してくれますが、あなたが明細を落としてしまえば元も子もありません。
明細書がないとどうしても返済日がわからなくなる、という方は「メールお知らせサービス」などを利用すると、返済前にメールが来るので分かりやすいです。
とはいえ、そのメールを見られてしまうとバレてしまうので、オススメはインターネットの会員サイトから内容を確認するようにすること。
IDとパスワードを入れると現在の利用状況や返済日、返済金額などが一覧で確認することができます。
これならスマホなどから確認すればバレることはないので安心ですね。
明細はその場で捨てるようにクセづけて、そろそろ返済日かなと思う日にインターネットの会員サイトから確認するのがうっかりミスをなくす最善策です。