金利が低いところでお金を借りる

お金を借りる時に最も気になるのは金利。
もちろんスピードも重要ですが、やはり借りた後の返済を考えてみると金利が低いところでお金を借りるのは非常に重要です。
金利が低いところでお金を借りるためには、それぞれのキャッシングについて金利を比較する必要があります。
金利が借りている金額によって変動しますので、今あなたが借りたいと思っている金額をいつまでに返済する予定かというシミュレーションをした上で、金利を計算して比較してみることが大切です。

 

金利の比較の方法

金利を比較する時は、金利の上限金利で比較します。
金利は○○%〜△△%と記載されていると思います。

 

○○%の方を下限金利、△△%の方を上限金利といいます。

 

金利はなぜこのように幅を持たせて記載されているかというと、借りる金額によって変動するから。
下限金利はそのキャッシングの融資限度額に近いときに設定される金利で、上限金利低い金額を借りた時に設定される金利です。

 

例えば500万円が融資限度額のキャッシングで10万円借りた場合は、上限金利が設定されます。
逆に500万円借りた場合は上限金利が設定されます。

 

なぜ上限金利で比較するのか

初めてキャッシングでお金を借りる場合、いきなり融資限度額で借りることができることはまずありません。
最初は低めの金額からスタートし、返済し続けていると融資の枠をアップすることができるようになって行きます。
中には最初から融資限度額で借りることができる場合もあるかもしれませんが、ほとんどが10万〜50万程度だと思います。
そのため、比較をするときは最も高い金利である上限金利で比較するのが一般的といわれています。

 

低金利はやはり銀行

金利の低いところで借りたいと思っている方は、まずは銀行のキャッシングから探してみてください。
銀行の場合は、借りたい金額別に細かく金利が表記されているところが多いです。
自分が借りようと思っている金額の金利同士を比較することで、どこが一番低金利が確実に確認して契約することが可能です。
消費者金融の場合は、公式サイトなどで借りたい金額によっての金利が記載されているところはほとんどありませんので、気になる場合は直接確認してみてもいいかもしれません。

 

しかし、銀行に比べてやはり消費者金融は金利が高いです。
低金利で長期的に借りたいと思う方は、銀行キャッシング内で比較するのがいいと思います。