まとまった金額を借りたい

「どこのキャッシングを利用するのがいいのか」ということは、「どの程度の金額を借りたいか」という目的によって違います。
今生活費が足りないからちょっと借りたい・・・という人もいれば、病院に入院する費用を借りたい、などまとまったお金を借りたい場合もありますよね。
キャッシングは利用する人の目的によって、何を優先するのかを比較することが大切です。

 

消費者金融のキャッシングは、主に急ぎで小額を借りたい人に向けたお得なサービスが色々と揃っています。
しかし、大きな金額、まとまった金額を借りたい人にとっては金利が高すぎる面があります。

 

そこで、まとまったお金を借りたい場合の最優先は金利。
大きな金額を借りる時は色々と制限がありますので、それらをクリアできる金利の低いキャッシングを利用する必要がありますね。

 

まとまった金額を借りるのは銀行がいい

消費者金融でまとまったお金を借りるのがあまりよくない理由は2つあります。

金利が高い

高額のお金をキャッシングするとなると、当然返済に時間がかかります。
そうなると、気になるのは金利。
返済期間が長くなれば長くなるほど、数パーセントの金利の差でも大きくのしかかってきます。
大きな金額を借りる時は少しでも金利は低い方がいいです。
消費者金融は金利が高いので、高額を借りるには向いていません。

 

総量規制がある

総量規制というのは、年収の3分の1以上のお金を借りることができないという法律。
これは、貸金業法によって定められており、消費者金融のような「貸金業」は守らなければならない法律です。
そのため、自分の年収の3分の1を超えてしまうような高額を借りることはできません。

 

まとまった金額を借りるのは銀行キャッシングを利用しよう

銀行キャッシングは、金利が低く総量規制対象外のため、年収の3分の1を超える金額でもお金を借りることができます。
低金利な分、即日融資のスピードは消費者金融には劣りますが大きな金額を借りたい場合は明日、あさってということはあまりないと思いますので、じっくり契約をして金利を確認した上で最も金利が低い銀行キャッシングを利用するのがオススメです。

 

銀行はとにかく金利が低い

消費者金融と銀行の金利を比べると一目瞭然なのですが、とにかく銀行キャッシングは最も金利が低くお金を借りることができます。
特に高額を借りたい場合は、銀行キャッシングの中でもさらに低金利のところで契約する方が返済総額が少なくて済みますのでしっかり金利を比較して契約しましょう。

 

種類 会社名 金利 審査可能時間
銀行 三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 9時〜21時
銀行 新生銀行カードローン レイク 4.5〜18.0% 8時10分〜21時50分
銀行 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 4.6〜14.6%

平日9時〜21時

土日祝9時〜17時

消費者金融 プロミス 4.5〜17.8% 9時〜20時
消費者金融 アイフル 4.5〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 アコム 4.7〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 モビット 3.0〜18.0% 9時〜21時
消費者金融 ノーローン 4.9〜18.0% 9時〜20時30分
消費者金融 オリックスVIPローンカード 3.0〜16.8% 平日14時30分まで

 

消費者金融の上限金利16%〜18%に比べて、銀行の場合は14.5%程度とかなり低いのが分かると思います。
上限金利は最も低い金額を借りた場合の金利ですので、そのキャッシングの融資限度額に近いほど低い金利が適用されていきます。

 

下限金利だけをみてみると消費者金融も銀行もさほど変わりはありませんが、総量規制があるため消費者金融で下限金利が適用されることはめったにありません。
特に初めての借入れの場合は、ほとんどが上限金利が適用されますので、銀行で借りた方がいいですね。