債務があるけどお金を借りたい

他社からお金を借りているけど、足りない金額を急ぎで借りたいという場合、なかなか新しい契約をするのが難しい場合があります。
なぜかというと、貸金業である消費者金融では総量規制という法律があるため、年収の3分の1以上は借りることができません。
現在、借入れ金額が既に年収の3分の1を超えてしまっている場合は消費者金融のキャッシングを利用するのは難しいです。
既に他社で借入れがあるがお金を借りたい、という場合は銀行のキャッシングであれば借りることができる場合があります。

 

違法業者は危険です

総量規制というのは、年収の3分の1以上貸してはいけない、という法律。
これは、貸金業に対して貸金法という法律で定められているため、貸金業者は借りたい人に対して年収の3分の1以上のお金を貸してはいけません。

 

明らかに年収の3分の1を超えているのにもかかわらず、お金を貸してくれるようなところは違法業者です。
簡単に借りることはできますが、法律で定められている上限の金利を超えた金利を要求してくることもありますので、そういったところでは絶対に借りてはいけません。
どこで申し込んでも審査に通らない方がついそういった金融業に惑わされ契約してしまうケースが多いので気をつけてください。

総量規制対象外は銀行カードローン

どうしてもお金が必要なときは、銀行カードローンを検討してみてください。
銀行は、貸金業ではありませんので銀行法という別の法律が適用されます。
そのため、年収の3分の1以上でもお金を借りることが可能です。

 

とはいえ、やはり年収の3分の1以上をすでに借りてしまっている場合は銀行カードローンでも審査に簡単に通るわけではありません。通常の借入れ審査よりも厳しいこともありますので、根気よく借りられるところを探してみてください。

 

冷静になって見直してみることも大切です

年収の3分の1以上は借りられない、という法律は一見すごく困らせられる法律のようにも見えますが、この法律のおかげで多重債務に陥ってしまう人が格段に減りました。
実際、年収の3分の1を超える借金はなかなか返済するのが難しいです。
借りた金額のみを返済するのであればいつかは終わる借金かもしれませんが、借りた金額には利息が必ずついてきます。
利息を含めて返済総額を考えると、年収の3分の1を超える金額を返済するのは至難の業なんです。

 

今、もしあなたが審査に通らないときは一旦冷静になって見直してみることも必要です。
今借りたいと思っている金額は、本当に今すぐ借りる必要があるお金なのか?
どうしても借りないといけないお金なのかどうか?
「借りられない」という状況は、一度借金について見直す機会だと思って冷静に考えてみて、もう一度返済計画を立てなおしてみることも重要です。