50万円以下のお金を借りたい

キャッシングやカードローンは、金額によっては収入証明が不要でお金を借りることが可能です。
特に消費者金融の場合はほとんどが50万円以下であれば収入証明が不要です。
銀行の場合は、100万円程度までは収入証明が不要のところもあります。

 

50万円以下のお金を借りたい場合は、基本的には身分証明書のみでお金を借りることができるので、急にお金が必要になってもスマホやパソコンから簡単にお金を借りることができて便利です。

 

50万円以下の金額なら即日融資が可能?

即日融資というのは、その日に申し込みをしてその日にお金を借りることができる最速のキャッシング。
最近では銀行でも即日融資が行われている場合がありますが、即日融資を行っているのはほとんどが消費者金融です。
消費者金融の場合は、初回契約はほとんどの場合50万円以下が融資限度額だと思います。

 

借入れできる限度額は消費者金融によって違いますが、基本的に初めて契約する人にはあまり高額をいきなり貸すことはありません。
まずは50万円程度からスタートして、きちんと返済されていればその後限度額をアップすることができるようになります。
融資限度額が500万円と記載があっても、最初から500万円いきなり借りられることはないので気をつけましょう。

 

逆に、50万円以下の金額を借りたい金額として申請すれば、審査に通過できる確率が高くなります。
どうしても今日中に借りたい、なんとか審査に通りたい、という急いでいる方は、できるだけ50万円以下で自分が今どうしても必要だと思う金額を申請してみてください。
消費者金融の場合、融資限度額は10万円単位で決められるので、5万円借りたい、と申請したとしても、融資限度額は恐らく10万円程度の金額になると思います。

 

50万円を超える場合

消費者金融の場合、50万円を超える金額を借りる場合は収入証明が必要です。
そのため、50万円を超える金額を申請する場合は、運転免許証などの身分証明書以外に収入証明書を準備しておく必要があります。
収入証明書は・・・

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書の直近2ヶ月または3ヶ月分
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 所得証明書

これらの中から準備できるものをひとつ準備する必要があります。
会社員であれば、給与明細の直近2〜3か月分または源泉徴収表が簡単に準備できるかと思います。
自営業の方の場合は、確定申告書や所得証明書などのコピーを提出する必要があります。

 

最初から50万円以上を借りられることは少ないかもしれませんが、もしあなたが初回契約でどうしても50万円以上を借りたい場合は前もって準備しておくようにしましょう。