お金借りる 利息を安くする方法

お金を借りる時には少しでも利息が安い方が嬉しいですよね。
利息を安くする方法というと、金利が低いところを選ぶのが一般的ですが、それ以外にも利息を安くする方法があります。
これは、お金を借りる上で一般的な知識でもありますが、意外と忘れがちなことなので、今お金を借りている人も、これから借りようと思っている人もぜひ一度見直してみてください。今よりも利息を安くすることができます。

 

利息を安くする3つの方法

すぐ返す

利息というのは、1日ごとに計算されます。
つまり、1日でも早く返済すれば利息は安くできます。
誰しもが分かっていることなのですが、これが結構難しいんです。
しかし、最終的に完済したときの総額を見てみると、「あああの時無理してでも早く返していれば」と思うほどびっくりするような利息を支払っていることに気づくと思います。
とにかく利息を安くするためには、すぐに返済することが重要です。

 

千円単位で借りる

「3000円借りたいけど、色々入用だしとりあえず1万円借りておくか」
これはすごく利息がもったいないです。
3000円使って、残りの7000円をお財布に置いておく間も利息は発生しています。
そう考えるとすごくもったいなくないですか?
借りる時は面倒でも1000円単位で借りるようにしましょう。それだけでも利息はかなり変わってきます。

 

まずは返済する

「絶対にこの金額返済したら、今月お金足りなくなるよな」
と思って、毎月の返済を最低返済額にしていませんか?
足りなくなるから、返済を減らしてその分は財布に置いておこう、これは先ほどと同じで本当にもったいないです。
まずは全額返済してしまいましょう。
幸いにもキャッシングやカードローンは毎月返済さえすればまた借りることはできます。
返済をして、残りの生活費を銀行に入れておくのであれば、借りているところを貯金通帳だと思い先に返済してしまったほうが利息が安くすみます。
そして、足りなくなったら借りる、借りる時は1000円単位で借りる。
そうすれば、利息は安く済みます。

 

利息を安くするということは、金利が低いところで借りるというだけではありません。

 

利息がかかっている日数を減らす

利息がかかる金額を減らす

 

この2つが非常に重要です。
1日にかかる利息を少しでも安く抑えるためには、少しでも借りている金額を減らすことが重要です。
返済したのにまた借りる、というのは少し抵抗があるかもしれませんが、利息のことを考えたら足りなくなった時に借りる方が利息が低く済むのです。
その時は、必要な金額を1000円単位でこまめに借りるようにするのもポイントです。

 

高額で借りた方が利息は安くすむ

低い金額で申し込みした方が、審査に通りやすい場合があります。
しかし、低い金額を借りると金利は高くなります。
審査に通りやすい金額を提示して複数社から借りると、高い利息のまま複数社にその利息を払うことになります。

 

最初に審査に通りにくいということはありますが、必要な金額を分割して複数社から借りるよりは1社 に最初から大きな金額で借りた方が低い金利で借りることができるんです。

 

既に借入れ先が限度額になってしまった場合、他社で新しい契約をするよりは現在契約しているところの限度額をアップした方が低い金利で借りることが可能です。

 

新たな借入れをしたい場合は、まずは現在のキャッシングやカードローンに増額できるかどうかを確認してみましょう。

 

利息を安くするためには

このように、利息を安くする方法は低金利で借りるだけではありません。
急ぎの場合は金利が高くても即日融資ができるところを選んでしまいまがち。
その場のピンチを乗り切ったら、改めて銀行などの低金利で借り直ししてもいいですし、現在複数社から借りている方はおまとめローンのように借入れを1本化をした方が低金利で借りることができます。

 

利息を安くすることは、完済するためには非常に重要なこと。
今借入れがある方は、あらためて現在の利息を計算してみましょう。