お金を借りるのに必要な書類

お金を借りるためには、審査を受けてその審査に通過する必要があります。
これは銀行キャッシングでも消費者金融のカードローンでも、お金を借りる場合はどんなときでも同じ。
審査を受けて通過しなければお金を借りることができません。

 

お金を借りる時の審査には身分証などの書類が必要で、その書類を見ながら審査を行います。
他にも必要な書類などもありますので、お金を借りる時に必要な書類について細かく説明いたします。

 

お金を借りるための審査とは

審査とは、キャッシングやカードローンなどでお金を借りる時に必ず受けるもので、基本的には「返済能力があるかどうか」というのを判断します。
返済能力とは、貸したお金をキチンと返済できるだけの収入があるかどうか、過去に返済した実績があるかどうか、今どの程度の借入れがあるかどうかなどの内容を確認します。

 

この審査で「返済能力がある」と判断されればお金を借りることができます。
逆に、過去に返済の遅れや延滞などがあった場合はお金を借りることができない場合があります。

 

審査に必要な書類とは

審査を受けるために必要な書類は、銀行キャッシングと消費者金融のカードローンで少し違う部分もありますが、概ね以下の書類になります。

身分証明書

運転免許証を持っている人は、運転免許証のみでOK。
免許がない方は住民票などが必要です。
運転免許証の住所が現住所と違う場合で、免許証の住所を変更していない方は、免許証以外に住民票や公共料金の請求書など現住所が記載されている公的な書類が必要です。

 

収入証明

消費者金融の場合はほとんどが50万円以下の借入れであれば収入証明は不要です。
銀行キャッシングの場合は収入証明が不要な借入れ金額がそれぞれ違いますので、申し込みをする前に確認しましょう。
収入証明は、源泉徴収や過去3か月分の給与明細などが必要です。

 

印鑑

スタンプ印はダメなので、それ以外の印鑑を準備しておきましょう。

 

お金を借りる時に必要な書類は以上です。
借りたい金額が50万円以下であれば、運転免許証のみで審査を受けることができるということになります。
ただ、現住所と書類の住所が違う場合は少し手間がかかりますので、住所変更は行っておいたほうがいいですね。
銀行キャッシングや消費者金融のカードローンは基本的に保証人は不要です。
そのため、保証人の身分証明書なども不要。
ただし、自分に収入がない人が銀行でお金を借りる場合、配偶者の収入証明が必要な場合もありますので、申し込みをする前に必要な書類をしっかりとチェックしておきましょう。

 

キャッシングやカードローンの場合、銀行も消費者金融も必要な書類はほとんど同じです。
最低限、免許証の住所の確認と、免許がない人は住民票を準備しておくといいでしょう。

 

申し込み書などについて

契約するために自動契約機や窓口に行った場合は、申込書や契約書などの書類はその場で記載することになります。
インターネット完結の場合は、メールなどで送られてきた場合は記載してFAXします。
もし、そのような書類がない場合は、後日郵送で送られてくることになります。

 

申込書は、住所や電話番号、現在の勤務先の住所や電話番号が必要になります。
また、今他社で借入れがある場合は、借入れの金額と借りている会社名などの記載も必要になります。
申し込む前に、勤務先や他の借入れ先の情報についてはしっかりまとめておいてください。
特に勤務先については在籍確認がありますので、電話番号と住所がわからないと申し込みできない場合もあります。
事前に住所と電話番号は控えておくようにしましょう。

審査と書類について記事一覧

お金を借りたいのに審査に通らない!なぜ?消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンを利用するためには、審査に通過する必要があります。仮審査と本審査があり、仮審査に通過しないと本審査は受けることすらできません。お金rを借りたいのに審査にどうしても通らない!という方は本審査で落ちていますか?それとも仮審査で落ちていますか?どちらの審査で落ちているかによって、なぜ審査に通らないかその理由を大きく分ける...