お金を借りる 総量規制


総量規制とは、個人に対して過度の貸付を行わせないように決められた貸付の規制です。
総量規制は2010年の6月より施行された比較的新しい規制で、それ以前は貸付の金額の規制はありませんでした。
総量規制とは、年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけないという規制で、2010年以降は年収が300万円の人が100万円以上のお金を個人で借りることはできなくなりました。

 

このように、堅苦しい言い方をすると新しく規制された法律により、貸金業者は年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという法律です。

 

しかし、そのため消費者金融からは年収の3分の1以上のお金を借りることができなくなっただけでなく、自身に収入がない場合もお金を借りることができなくなってしまいました。

 

総量規制はどのような場合に適用される?

総量規制の対象になるのは貸金業であるので、銀行に対しては総量規制は適用されません。
消費者金融が主な規制対象となります。

 

年収の3分の1以上の借り入れはできない

年収300万円の人は100万円以上はどんなに返済能力があっても借りることはできません。

自身に安定した収入がない場合は借りられない

自身に安定した収入がない場合は配偶者に収入があってもお金を借りることはできません。

 

総量規制は特に消費者金融や信販会社(クレジットカードなど)に対して適用されるため、銀行では年収の3分の1以上でもお金を借りることができます。
とはいえ、銀行の審査に通過することが最低条件ですが、最近ではこの総量規制のおかげで銀行も積極的にお金を貸してくれるようになりました。
これがなかった時はいくら収入がないとはいえ、どこからも借りることができないのは本当に困ったものでしたが、イオン銀行など人気の銀行カードローンは限度額は低めですが旦那に確認などをしなくても借りることができるので非常に便利です。

 

総量規制から除外されるのは?

総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジットカードなどに対して適用され、銀行には適用されないということは先程説明しました。
では他にはどのようなものが総量規制の対象にならないのでしょうか?

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費

大きいところでいうと、この3つは総量規制の対象になりません。
それはそうですよね、住宅ローンが総量規制対象内になったらマイホームを持てる人は限られた人のみになってしまいますよね。
また、高額療養費とは緊急の病気や事故などにかかる費用のこと。これらも対象外となります。

 

次に、「例外」というものもあります。

おまとめローン・借り換えローン

消費者金融でも、通常のキャッシングではなく「おまとめローン」「借り換えローン」などの商品があると思います。
おまとめローンとは、複数の消費者金融などで借りている金額を一つのカードローンにまとめて返済するためのカードローンで、返済に特化した商品であり、金利も通常よりも低めに設定されています。
このように、「借り入れする側が一方的に有利となる借り換え」の場合は、総量規制の対象外となります。
この場合は、1社で500万円借り入れすることとなったとしても、総量規制の対象には当たりません。

 

いかがですか?総量規制について知っておくことは、面倒なこともありますが「借り過ぎない」というメリットもあります。
とはいえ、どうしても急に大きなお金が必要になることもありますよね。
急にお金が必要になった時、現在借り入れしている金額が年収の3分の1を超えていては既に借りることができなくなってしまい、パニックになると思います。
でも安心してください、総量規制対象外の銀行カードローンなどで借りる方法もあります。
当サイトでは、総量規制についてもう少し詳しくご説明するとともに、総量規制対象外のキャッシングでお金を借りる方法についてもご紹介いたします。

キャッシングと総量規制について記事一覧

お金を借りる 総量規制ってなに?総量規制という言葉を聞いたことがありますか?今までキャッシングを利用したことがある方は知っているかもしれませんね。私もキャッシングを利用したことがありますが、この言葉を覚えたのは最近になってからでした。文字から推測すると、なにかを規制するということがわかりますが、一体何を規制するのでしょうか。キャッシングを利用する上でとても重要な事ですので、この機会に覚えておきまし...

総量規制と総量規制対象外の仕組み貸金業法が2010年に改正され、総量規制が導入されました。総量規制とは、全ての貸金業者からの借入の総額が年収の1/3までに制限されることです。なぜこのような制度が導入されたのか。それは利用者がキャッシングのし過ぎで返済不能になったり生活が破綻したりすることを防ぐためです。実際、借金が年収の3分の1を超えた場合、返済は非常に難しいといわれています。生活費が返済の金額と...

総量規制対象外のキャッシングでお金を借りる総量規制とは、年収の3分の1を超える借入れを規制するための法律のこと。この法律があるため、消費者金融では年収の3分の1を超える借入れをすることができません。それだけではなく、収入がない人もお金を借りることができなくなりました。しかし、この総量規制は貸金業のみに適用される法律なので、銀行は総量規制対象外となります。つまり、銀行のキャッシングであれば契約が可能...