お金を借りる 総量規制ってなに?

総量規制という言葉を聞いたことがありますか?
今までキャッシングを利用したことがある方は知っているかもしれませんね。
私もキャッシングを利用したことがありますが、この言葉を覚えたのは最近になってからでした。

 

文字から推測すると、なにかを規制するということがわかりますが、一体何を規制するのでしょうか。
キャッシングを利用する上でとても重要な事ですので、この機会に覚えておきましょう。

 

総量規制とは
個人での借入れ総額が年収の3分の1を超える場合に、それ以上の借入れができなくなる

 

ここで重要なのが「個人での借入れ」という部分。
つまり会社の借入れや事業資金の場合は該当しないということになります。
あくまでも、個人が自分の収入に対して借りることができる金額の規制ということになります。

 

総量規制は、そもそもが「多重債務」や「借金苦」になってしまうことを防ぐための法律です。
実際に年収の3分の1を超えた借金を返済することは、相当大変であるとの統計があります。
つまり、お金を借りることができない、という状況に陥ったときは、これ以上借りない方がいい、と思った方がいいです。
本当に今借りたいと思っているお金は必要なのか、改めて考えてみるチャンスだと思って冷静に見つめなおしてみるのも重要です。

 

銀行でお金を借りるのは総量規制対象外になる

そうはいっても、急にお金が必要になることは多々あります。
例えば・・・

・急な災害
・事故や病気
・引越し

ただの浪費や欲しいものを買うということではなく、生活をしていく上でどうしても必要なお金ってありますよね。
しかもそういった金額は、物を購入するときに借りる金額ではなく、大きな金額の場合が多いでしょう。

 

そうなると、今は年収の3分の1を超えた借入れをしていなくても、実際に100万円単位でお金を借りなければいけなくなった場合、あっという間に総量規制に引っかかってしまいます。
そこで、総量規制に該当しなところからの借入れが必要になってきます。

 

総量規制の対象となるのは、賃金業者からの借入れ(キャッシング)ということ。
クレジットカードを使用した買い物に関しては、送料規制の対象外となります。
他にも、銀行での借入れの場合も総量規制の対象外となりますので覚えておきましょう。

 

キャッシングを利用したことがある方ならわかるとおもいますが、現在では銀行もカードローンというキャッシングを取り扱うようになりました。銀行カードローンなら総量規制の対象外になるという事を知らない方も多いのではないでしょうか。
もし、あなたがまとまったお金を借りたいと思っているのであれば、最初から銀行のキャッシングやカードローンを利用した方が便利です。
総量規制対象外であれば、大きな金額も借りることができますので、借りたい金額を考えて契約するようにしましょう。

 

総量規制は消費者金融でお金を借りる時に適用されるの?

銀行は総量規制対象外、というのはつまり銀行は「貸金業」ではないということ。
この総量規制というのは「貸金業」に適用される法律のため、銀行は該当しないことになります。
貸金業というと、すぐに思いつくのが消費者金融。銀行系カードローンも消費者金融になります。
それ以外にも街金やフリーローンもそれに該当しますが、結局のところ全て消費者金融ということになりますね。
消費者金融でお金を借りたいと思った際には、総量規制という規則の縛りがありますので注意が必要です。
そのため、消費者金融では、仕事をしていない人はキャッシングをすることはできません。

 

貸付の契約の中でも、総量規制の対象となるのは個人向け貸付のみです。
個人がお金を借り入れる際に、総量規制という規則が働くということになります。
キャッシングをしたいと思った際に、まずは消費者金融の中で審査に通過するということが必要になってきますが、審査の際に、他の消費者金融からも借入があった際には、他の消費者金融から借りている金額も合算して、総量規制の範囲内であるかどうかを審査されることになります。

 

一社から年収の3分の1まで借りてしまっていた場合には、他の消費者金融からお金を借りることはできません。
審査の基準としては、総量規制という縛りだけでなく、安定した収入があるかどうかや他の消費者金融から借入をしていた場合に、返済が滞っていないかなど信用調査も行われることになります。
これからキャッシングをしたいと思っている人は、過去の借入や返済記録なども見直しておく必要があります。